【ゾンビキッズ:進化の封印】ボードゲームやってみた感想

ゾンビキッズやってみた

久しぶりに友人と会ったら、知らない間にボードゲームを買い集めていました

いいぞ、もっとやれ!


その中でも抜群に面白かった、なんなら自分も買いたいボードゲーム

それが「ゾンビキッズ」です



協力型のボードゲームなので、

  • 家族みんなで協力したり
  • 友達と協力したり
  • 脳内の自分と協力したり

できます!


これ買ってきた友人マダオは、

マダオ

妻とやってきた
クリアできんかったけど

と言ってました

うらやまC

スポンサーリンク

目次

どんなゲーム?

一言でいうと「がっこうぐらし!」ですね(違う)



学校に侵略してくるゾンビを倒しながら移動して、仲間と協力して校門のカギを閉めていく

そんな感じのゲームです

ルールはこんな感じ

ゾンビキッズのボード
ゾンビキッズのボード
学校のボード

5色の教室と4か所の校庭があります。それぞれカギの開いた校門があります

ゾンビ

全部で8枚のゾンビカードを使います。最初は各校庭に1体のゾンビがいます

サイコロ

各教室に対応する色と無色のサイコロです

ヒーロー

プレーヤーの人数分のヒーローを使います

  1. サイコロをふって出た色の部屋にゾンビが湧く
  2. 自分のヒーローを隣接する部屋に移動する
  3. 移動した先のゾンビを倒す(2体いたら2体とも倒す)

各プレーヤーがターン毎にこれ↑を繰り返します

その他のルールは、

  • 3体以上ゾンビがいる教室には移動できなくなる
  • 同じ校庭に2人のヒーローが集まると、校門のカギが閉められる


勝敗は

4か所の校門全てのカギを閉めたら勝利

ゾンビが溢れたら(8体出ている状態で、サイコロによって9体目が出る)敗北


校庭までカギを閉めにいきたいけど、ゾンビもほっておけない!

ゾンビばかり倒していても全然終わらない!

みたいな!!


「こっちのカギ閉めにいこう!」とか「あっちのゾンビは任せて!」といった感じで、仲間と協力して立てこもるゲームです

ゾンビパニック映画をボードゲームでやっちゃう感じですね!

やってみた感想

簡単にルールを聞いて、さっそく初心者2人でプレイ開始

あっさり負けました(*´∀`)

らじお

安易にカギを閉め過ぎたかも
やっぱりもっと慎重に行動すべき?

高血圧ボーイ

大人2人が本気出せば
こんなもん簡単なんよ



慎重に慎重を重ねてゾンビを倒していったところ、クリアできました!

高血圧ボーイ

はい余裕

らじお

簡単すぎる
こんなもの女児が遊ぶゲームよ





と思っていた時期がありました


なんとこのボードゲーム、ルールがどんどん追加されていくようです

「ゾンビキッズ:進化の封印」だからね、ボードゲーム自体が進化していくんですよ



嫌がるマダオに次のルールを開封させると、ヒーローに特殊能力が備わりました!

でもゾンビも2倍湧くようになりました笑

ゾンビパニック感でてきましたね

負けました(*´∀`)

らじお

女児の遊ぶゲームじゃなかった




なんでマダオが嫌がっていたかというと、

進化の封印を解くには、シールで封じられた封筒を開けて、新しいルールのカードを取り出す必要があるからです


間違って英語版を買ってしまっていたので、英語版は売って日本語版を買いたかったマダオは、シールをはがしたくなかったんですねぇ

値段下がるからね


でもゾンビキッズが面白すぎて、言いくるめて封印解いてもらいました

らじお

すまんな

マダオ

ええんやで



新しいルールでまたやったんですけど、これもまた面白い

というか、ルールを解放していくのとか絶対子どもが好きなやつでよね!



この場にいたの、全員30代だけどな!!!

まとめ

ということで、最初のいくつかのルールでしか遊んでませんが、めっちゃ楽しかったです

またマダオに持ってきてもらって、続きのルールで遊びたいなぁ


なんなら自分で買いたい

一緒にやってくれる人いないけど!!



家族と一緒にボードゲームできるって、いいよなー

と思ったらじおでした



おわり

応援のポチッお願いします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
ゾンビキッズやってみた

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる