楽天ゴールドカードで損するのはどんな人?

楽天ゴールドカードはポイントがたくさんもらえるけど、年会費がかかる
どうすれば年会費のもとを取れるの?

という疑問に答えます


ずばり、楽天市場で年間11万円以上買い物をすればもとが取れます!
(4万4千円ではありません!)


先日、友人のマーブル眼鏡から楽天カードのポイント還元について質問されました
楽天ゴールドカードの広告も若干誤解を生みそうな書かれ方をしているので、なぜ楽天市場で11万円なのか?順を追って説明します

出典:https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-gold-card/?l-id=corp_oo_cchoice_detail_gold_pc

スポンサーリンク

目次

各種楽天カードの違い

楽天カードの種類と年会費

楽天には大きく分けて、3種類のクレジットカードが存在します

種類年会費ポイント還元率
楽天カード無料楽天市場でポイント3倍
楽天ゴールドカード2,200円楽天市場でポイント5倍
国内空港ラウンジ年2回まで無料、他
楽天プレミアムカード11,000円楽天市場でポイント5倍
国内空港ラウンジ無料、他
参考:https://www.rakuten-card.co.jp/card/?l-id=corp_rc_top_to_compare_pc#card-list

楽天カードには他にもいろいろ種類がありますが、年会費とポイント還元率の観点で見ると、この3種類から選ぶことになります

ぼくは大学生のときに楽天カードを作ったので、年会費無料の「楽天カード」一択でした!

「よっ!貧乏学生の味方!楽天カード!!」

ゴールドカード以上だと特典も大きくなりますが、年会費がかかります
とりあえず「楽天カード」にしている人も多いのではないでしょうか?

楽天カードの特典

主な特典はなんといっても高いポイント還元率です

一般的なクレジットカードのポイント還元率は、0.5%程度です
200円の買い物で1円相当のポイント還元ですね

楽天カードのポイント還元率は1%なので、です!高還元率カードというやつです

マーブル眼鏡
マーブル眼鏡

さっき3%とか5%とか書いてたやん!

あれは、楽天市場で買い物したときの還元率です

SPUについて

楽天市場にはスーパーポイントアッププログラム(SPU)というものがあります

楽天のSPU対象サービスで条件を満たすとポイント還元率が上乗せされる、というポイントじゃぶじゃぶシステムです

SPUが上乗せされる条件はいろいろありますが、今回関係するのは以下の2つです

達成条件ポイント倍率
楽天カード(種類問わず)を利用して楽天市場でお買い物+2倍
楽天カード(プレミアム・ゴールド)を利用して楽天市場でお買い物+2倍
参照:https://event.rakuten.co.jp/campaign/point-up/everyday/point/

「+2倍」という書き方が分かりにくいですが、掛け算ではないです
2%のポイントが上乗せされる、ということです

楽天カードは…
もともとの1%と「種別問わず」の2%を足して、
1+2=ポイント3倍

プレミアム・ゴールドカードは…
もともとの1%と「種別問わず」の2%と「プレミアム・ゴールド」の2%を足して、
1+2+2=ポイント5倍

となります

これが、広告等で書かれている「楽天ゴールドカードにすればポイント5倍」の正体です
「年会費無料の楽天カードと比較して5倍のポイントがもらえる」ではないんですね
誤解を生みそうなところです…


あとこれは、楽天市場の場合です
楽天市場以外(例えばコンビニなど)でゴールドカードを利用しても、ポイント還元率は1%です

1%ですよ!マーブル眼鏡さん!

ゴールドカードにした方が得な人と損な人

さて、ここからが本題です!!上に答えを書いてるようなものですが!!

ポイント還元率が5%の楽天ゴールドカードは、年会費が2,200円です
楽天市場で年間いくらの買い物をすれば得するでしょう?

マーブル眼鏡
マーブル眼鏡

5%が2,200円を超えればいいんだから、44,000円!
(2,200÷0.05=2,200×20=44,000)

出典:「ONE PIECE」

楽天ゴールドカードのポイント還元率は5%ですが、楽天カードのポイント還元率にもすでに3%あります
なので、ゴールドカードのSPUで上乗せされた2%が年会費2,200円を超えないと損になります

例えば、年間44,000円の買い物をする場合

楽天カードで44,000円の買い物 ⇒ 44,000×0.03=1,320ポイント還元
楽天ゴールドカードで44,000円の買い物 ⇒ 44,000×0.05=2,200ポイント還元

年会費2,200円払って得られる上乗せ分は、2,200-1,320=880ポイント
880ポイント – 2,200円= -1,320円 損していますね

ではいくら買い物すればいいでしょうか?

マーブル眼鏡
マーブル眼鏡

2%が2,200円を超えればいいんだから、11万円!
(2,200÷0.02=2,200×50=110,000)

こうなります

つまり、楽天市場で年間11万円以上買い物する場合は、楽天ゴールドカードにした方がお得!ということです

逆に、11万円も買い物しないという人は、年会費分のポイントを受け取れず、損していることになります

他の特典も考慮する場合

マーブル眼鏡
マーブル眼鏡

でも、国内空港ラウンジ2回使えるやん…
あれめっちゃええで

そうですね、ポイント還元のみに着目すると境界線は11万円ですが、それ以外の特典も考慮する必要があります
特典をどの程度の価値としてとらえるかで、境界線は変わってきます


試しにぼくの場合で計算します

ぼくにとってそれ以外の特典(国内空港ラウンジが年2回使える、ETCカードの年会費無料など)は、およそ2円くらいの価値があると考えています
これを年会費から差し引いて計算すると…

(2,200-2)円×50=109,900円
なんと境界線が100円も下がって、109,900円になります!お得!


当然、ぼくよりもっと飛行機に乗る方にとって、ラウンジの特典はもっと価値があります
ドリンクサービスとか無料Wifiとか、いろいろサービスありますし

悪天候による遅れなど、空港で長時間待機しないといけないときもあると思います
そんなときはラウンジの価値は2円どころじゃないですし


結局、11万円を基準にして、その他の特典の価値を考えて引き下げたところが境界線になります

プレミアムカードにした方が得な人と損な人

プレミアムカードにはゴールドカードの特典にプラスして、さらにいろいろ特典があります

なので計算がややこしそうですが、そうでもないです

  • 年会費を気にして上記のようなけちくさい計算をする人 ⇒ 楽天ゴールドカード
  • 2,200円も11,000円も変わんなくね?という人 ⇒ 楽天プレミアムカード
マーブル眼鏡
マーブル眼鏡

……

すみません、自分に関係のない世界の話だったので、適当なことを書きました

でもこれも同じです
要は、ゴールドからプレミアムに上げたことで得られる特典・見た目・ステータスなんかが、110,000-2,200=8,800円以上の価値があるかという判断になります

ここ見て考えて(投げやり)

まとめ

  • 楽天市場での買い物が年間11万円以下の人 ⇒ 楽天カード
  • 楽天市場での買い物が年間11万円以上の人 ⇒ 楽天ゴールドカード
  • 飛行機乗りまくる人 or お金持ち ⇒ 楽天プレミアムカード

ぼくと同じようなタイプの人は、楽天市場で年間11万円買い物をするか?で判断してみてください

これは、ふるさと納税での買い物も含めることができるので、不必要なものを買うことなく11万円を超えられる人も多いと思います

楽天市場でいくらくらいの買い物をしているか確認し、損することのないカード選びをしてください!


おわり

応援のポチッお願いします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる